夢のようなシチュエーション、俺得修学旅行

俺得修学旅行はなんと女子学園の修学旅行に女装した主人公(男子)が参加するというもの。なんとそそるシチュエーションであろうか。
この時点で読む価値がある、と自分は感じました。
なぜそんなことになったかというと主人公である伊賀勇太には姉がいてその姉がこの星の砂南女子学園の生徒なのですがこのお姉ちゃんがタイミング良く、いやタイミング悪く風邪をひいて修学旅行に参加できなくなっていまいます。
以前にも旅行に参加できず記念写真にも写ることができず苦い思いをしていた姉は弟を女装させてでも修学旅行の写真に写ることを願います。
強引に押し切られた勇太は完全ハーレム状態の中修学旅行に参加することとなるのです。
ちなみに協力者が一人いてお姉ちゃんの友達の篠原という女の子。
この子だけは勇太の招待を知っています。逆にいえば彼女以外は全員勇太の招待を知らず、そして知らなければわからないほど勇太の女装は姉にソックリだということです。
旅行中は様々なトラブルが起こるが、数々のエロい展開が見所。
女子風呂で一人の女の子に正体がバレてしまうもののなんとそのままエッチな展開に。
それに留まらず旅行中次々と色んな女子とエッチな関係になっていく勇太は無事に旅行を終えることができるでしょうか。

烈火の炎について

烈火の炎という漫画に私は中学生の頃はまりました。これは少年サンデーで連載されていた能力系バトル漫画です。
烈火の炎の世界には魔導具と呼ばれる特殊能力を備えた武器が存在しています。これは過去に火影という忍者の集団が作ったものなのですが、一つ一つの魔導具に備わっている能力は全て違います。
それぞれ個性的で渋いものから俗に言う厨二病のようなものまであります。主人公や敵はこれを駆使して戦うわけですが、それぞれのキャラクターの個性と相まって非常に面白い作品となっています。
楽しみの一つが敵の魔導具の能力を予想しながら読んだり、それの攻略法を予想しながら読むことです。
私はこの漫画が連載されていた時には、毎週サンデーを購入して読んでいたので、とても面白かったです。
毎週ドキドキしながらページを繰っていたことを思い出します。また絵柄も非常に綺麗で、キャラクターの魅力を十二分に引き立てています。
ちょっとだけですがエロいシーンもあって、男性読者はそのあたりを見逃せないかもしれません。
女性キャラのほとんどがものすごい巨乳というのも魅力の一つです。
中学生の私には少しだけ刺激が強かったように思います。
この漫画は今読み返しても十分に楽しめます。暇な時に読んで時間をつぶすこともあります。

某有名私立大学ヤリサーの実態がすごい!

この漫画がどういう漫画かというとネトラレ要素や陵辱要素のあるかなり過激な漫画です。
処女であり清純な女の子である主人公が大学に入ったのを気にテニスサークルに入ることにした主人公ですが、このテニスサークルが名ばかりのいわゆるヤリサーであり居酒屋で酒が入ったのをいいことにヤリ目的の男たちの魔の手に落ちてしまいます。
昔から主人公を知る両思いの男の子は違う大学にいってしまったために女の子の身に起きていることを知る由もありません。
知らず知らずのうちにヤリサーに入ってしまい男の毒牙に犯されてしまった主人公はそれからもばらすことを脅されて言われるがまま、されるがままになってしまう主人公。そして嫌がりながらもどんどん快楽に目覚めていってしまいます。
その様子がめちゃくちゃ妖艶で無垢で純真だった一人の女の子が目覚めていく様、そしてそれを知らない両思いだった男の子のやるせなさが相まって過激さからくる興奮と共にどんどん続きが気になり物語に没入していきます。
主人公に目をつけ手を出した男も加わり三人の視点でストーリーは描かれ、次々と問題が起きトラブルに巻き込まれていきます。
同じ大学を受験したものの自分だけ落ちてしまったことを後悔していた幼馴染の男の子は彼女を救うことができるのか。