ネットが普及したことによるコミック事情

最近はウェブ漫画というものが流行りだしてきていて、コミックとして出版されることも多いです。
雑誌媒体での連載だけでなく、出版社が運営しているサイトで連載してコミック化といった、ネット媒体での連載も増えてきました。
ネットが普及したことによって漫画業界も変わってきました。
大手の出版社はほぼ自サイトを持っていて、そこでも数多くの漫画を連載しています。
雑誌とネット、二つの媒体を使うことで、漫画家にもチャンスが巡ってきやすくなっています。
本誌はなんといっても雑誌媒体ですが、そこで連載のチャンスを獲得できなくてもネット媒体のほうで連載権を獲得している漫画家も多いですし、ネットで多くの人気を得ることができれば、本誌のほうで連載される可能性もあります。
ネットが普及したことによって、昔よりも漫画家になれるチャンスが増えてきたと私は思うのです。
出版社のサイトで連載していない個人サイトのウェブ漫画であっても、人気と知名度があればコミック化されたり、あるいは雑誌で連載されるということもあります。
ネットでの公開は多くの人の目に触れる可能性があり、その中には出版社関係の人がいることもあります。実力があればスカウトされる可能性もあります。
ネット普及により、漫画の可能性が大きく広がったということだと思います。