烈火の炎について

烈火の炎という漫画に私は中学生の頃はまりました。これは少年サンデーで連載されていた能力系バトル漫画です。
烈火の炎の世界には魔導具と呼ばれる特殊能力を備えた武器が存在しています。これは過去に火影という忍者の集団が作ったものなのですが、一つ一つの魔導具に備わっている能力は全て違います。
それぞれ個性的で渋いものから俗に言う厨二病のようなものまであります。主人公や敵はこれを駆使して戦うわけですが、それぞれのキャラクターの個性と相まって非常に面白い作品となっています。
楽しみの一つが敵の魔導具の能力を予想しながら読んだり、それの攻略法を予想しながら読むことです。
私はこの漫画が連載されていた時には、毎週サンデーを購入して読んでいたので、とても面白かったです。
毎週ドキドキしながらページを繰っていたことを思い出します。また絵柄も非常に綺麗で、キャラクターの魅力を十二分に引き立てています。
ちょっとだけですがエロいシーンもあって、男性読者はそのあたりを見逃せないかもしれません。
女性キャラのほとんどがものすごい巨乳というのも魅力の一つです。
中学生の私には少しだけ刺激が強かったように思います。
この漫画は今読み返しても十分に楽しめます。暇な時に読んで時間をつぶすこともあります。